立花岳志さんの新刊「『好き』と『ネット』を接続すると、あなたに『お金』が降ってくる」読了しました。

IMG 20180412 182710

立花さんは、プロブロガーという言葉を世に知らしめた方。「No Second Life」というブログを書いておられます。

No Second Life

 
いつ頃、何がキッカケで立花さんのブログを読み始めたのか定かじゃないのですが、50代に入って、自分のこれからの生き方について考えるようになった頃に出会った覚えがあります。
最初に読んだのが「ノマドワーカーという生き方」という本。
 
IMG 20180412 190437
あぁこういう生き方もあるんだとやや憧れに近い気持ちで読んだのですが、当時偶然にも、とある著名ブロガーさんが主催されたオフ会に立花さんも参加されるという情報を得て、これは是非一度お会いしたいと思い出かけていったのが初対面でした。2012年の7月でした。(実はこのオフ会は、今の自分のライフスタイルに大きな影響を与えて下さった方々にも出会えたという、自分にとってはターニングポイントのようなオフ会でした。)その後も、名古屋へセミナーでいらっしゃった折りには都合つく限りお話を伺いに行ったりしました。
 
今回の新刊は帯に書いて有るとおり「誰だって、好きなことを仕事に出来る!」その考え方、方法について余すところなく手の内を教えていただける内容でした。サラリーマン生活に早めにピリオドを打って、違う生き方をしてみようと思った自分にとっては、バイブルのような本でした。
 
まずは「情報発信できる人」を目指すこと。そのためにはブログというツールが最適だと言うこと。そしてセミナーでも繰り返しおっしゃておられた「質より量より更新頻度」という黄金律。
自分も歴史だけ言えばブログという仕組みが始まる前からホームページを作って活動日記をしたためてたぐらいですが、なんせ続かない(苦笑)「ちゃんと書かなきゃ」とか「こんなこと書いてもつまんないだろうなぁ」という考えが先行してついつい書かない日々が続いてしまうと、再起動に時間がかかるという悪循環。あらためてこの黄金律を意識していこうと思っています。
 
サラリーマンとていつか定年退職という日が訪れて、その先はどうする?という現実に直面するはず。そういう意味では、独立したいとか起業したいという人だけじゃなく誰もが読むべき内容だと思います。「こうしなさい」ということではなく、「こういう選択肢もあるんだ」で良いと思いますが、自由に生きている人達がどういうことを考えているのか? 早期退職して一年、サラリーマンしかしてこなかった自分にはフリーで活躍している人達の生き方は目ウロコでした。やっと慣れてきたという感じです(笑)
 
来週は名古屋で出版記念セミナーも開かれるので、またお会いできるのが楽しみです。