「人生フルーツ」と言う映画観てきました。
50年ほど前に作られた愛知県春日井市の「高蔵寺ニュータウン」の建設に関わった、建築家夫妻の生活を追ったドキュメンタリーです。

高度成長時代、自分の意思にそぐわない大勢が住める集合団地が建てられて行く中、里山の麓に自宅を建て、苗木を植え、それが雑木林に育った今、庭の畑で野菜や果物を育て、奥様は夫のために手料理を作る。「人生は長くなるほど美しい」人生はフルーツのように熟していく…と言う映画でした。

ナレーションは樹木希林さん。映像は淡々と流れ、夫婦の自然な生き方が心に染みいってきます。

良い映画でした。平日の昼間に夫婦割引で観に行ってきたのですが、同年からやや上の世代のご夫婦が大勢客席に。結婚生活65年なんてうらやましい限り。自分もこんな風に年老いて生きたいと強く思った次第でした。

「コツコツと少しづつ、そうすればだんだん見えてくる。」そんな歩みを大事にしたいと思います。